資格・就職

教員採用試験への取り組み

越谷キャンパス

越谷キャンパスでは、教育学部はもちろん、人間科学部や文学部でも多くの学生が教職を目指して頑張っています。そうした学生のニーズに応えるため、キャリア支援課では多彩な教員就職支援プログラムを実施。教員採用試験の一次試験対策では「教職教養」「一般教養」「専門教養」などの筆記試験に対応した学内講座や模擬試験を開催し、教採対策ゼミでは継続的に文章を書くことで各自の教職観の確立を目指しています。また、就職のフォローは卒業後も引き続き行っていきます。

越谷の教員就職支援プログラム

教員就職ガイダンス

一連の教員就職支援の根幹をなすプログラムで、40年以上にわたり培われた教員採用試験合格のノウハウに触れることができます。毎年の教員採用試験の結果や各種対策講座の情報も、採用試験にいたるまでの適切なガイドとなります。

教採対策宿泊研修(合宿ゼミ)

グループワークを通して教師としての社会性・協調性・コミュニケーション能力を磨くとともに、実践的指導力を養うことを目的としています。また教育実習に向けて意識を高めることも目指しています。

学内講座

教職教養講座をはじめ、国語・英語専門講座、小学校専門講座など、学内で受講できる実力アップのための講座です。模擬試験も適切な時期に行われます。

二次対策講座

人物重視の傾向を強める教員採用試験に対応した内容となっており、都道府県別に行われます。

湘南キャンパス

湘南キャンパスは主に一般企業や公務員に人材を送り出してきましたが、2004年に高等学校教科「情報」の教職課程を設置したことを契機に、教員就職支援にも力を注ぐようになりました。学内に教職支援室を設置し、4年間にわたり多彩な教員採用支援プログラムを実施。学力向上を目指すだけでなく、教職の知識と実践的態度を育成することに加えて、学部の専門性をしっかり身につけた教員を育成しています。「社会」「数学」「英語」「情報」「商業」「栄養」の教員育成を中心に、きめ細かい支援をしています。

情報学部・経営学部の支援プログラム

小・中・高等学校での体験

神奈川県内の小・中・高等学校で学校サポーターとして年間を通して教室に入ります。教育実習とはひと味違った職員室の一員として働くこと、貢献することで適性を見極め、あるいは教員としての自己の発見をします。

特別講義と自主研修

週の3日は、目指す免許種に応じた特別講義があります。ここでは受け身の学習だけでなく、先輩たちが指導者に回って後輩たちと共に研究する場面もあります。また、なによりも人間関係を作る貴重な場面として位置づけています。

自立・自律への支援

一人ひとりの夢に向かって、現実の足場をしっかりと固めていきます。中高の教員だけでなく、企業就職を目指す学生にも全力を尽くして支援指導を行います。努力の先にある達成感を湘南でつかみます。

国際学部の支援プログラム

学生の意識を高める教職の授業

教職講座をはじめ、英語カアップを目指す時間外の講座などを実施し、学生が主体的に学習に取り組んでいます。模擬授業を繰り返し、実践的指導力を育成していきます。

中・高校生とふれあう体験学習

学生が茅ヶ崎市内公立中学校、横浜市内公立小・中・高等学校、藤沢市内公立中学校などでの学習支援を行い、「子ども」から、体験的に教育について学んでいます。

「世界」を知り、国際理解を深める体験学習

米国・豪州・タイへの短期留学、バングラデシュ・ニューヨーク国連本部での研修、カンボジアの孤児院など途上国での国際協力ボランティア、海外の英語教育学会への参加など、「世界」にアクセスし、異文化を体感しながら教師としての実力を高めています。

教員採用試験への支援

現職の先生をお招きしての講演会を行ったり、国際学部の教員が行う現場の先生方への「英語指導法研修講座」などのアシスタントを行って、教育について深く学ぶ機会を提供。また、授業力重視・人物重視の傾向を強める教員採用試験に対応した特別講義や個別指導を実施しています。教員採用試験では高い合格率を誇っています。

健康栄養学部の支援プログラム

公務員試験対策自主研修

多くの自治体において栄養教諭は、栄養教諭の免許状を持つ学校栄養職員から教員への職種替え試験を経て採用されています。そのため、栄養教諭を目指す学生の自立と公務員試験突破を目指す自主研修講座を設け支援を行っています。

管理栄養士試験対策特別研修

栄養教諭免許状は栄養士の資格を基礎として得られるが、より職能レベルの高い栄養教諭になるために管理栄養士の資格は必須要件。そのため、健康栄養学部の教職員により組織的に管理栄養士資格取得を支援しています。