資格・就職

就職・キャリア支援

越谷キャンパス

越谷校舎では、各学部や保護者とも密な連携をはかりながらキャリア支援を進めています。2年次の春には「教員」「企業」「公務員」「幼稚園・保育士」の4つの中から進路の方向性を決定。各分野の専門スタッフが、最新情報をもとに学生一人ひとりの相談にあたっています。

キャリア支援のポイント

小中高教員を目指す人には1年秋学期から教育現場を体験しながら学べる「ボランティア補助教員制度」があり、毎年300名近い学生が活動に参加し教員としての資質の向上に役立てています。公務員や企業を目指す人には「職種別公務員合格ゼミ」、「リアル就活ゼミ」で、先輩たちから直に学べる少人数グループのプログラムが展開されています。ここでは先輩が就職活動した生の情報を学びながら、各自の活動に繋いでいくことを継続して行い、いずれも結果を出しています。

越谷キャンパスのキャリア支援の詳しい情報は、文教大学キャリア支援課ホームページをご覧ください。

湘南キャンパス

湘南校舎では、1年次より社会的・職業的自立に向けたカリキュラムを履修できます。学生自らが職業選択できる能力を身に付け、就業意欲を高めるための「キャリア形成基礎」「インターンシップ」といった多様なキャリア系科目が用意されています。また、資格取得を目指す学生には、対策講座を開催する「生涯学習センター」や、進路全般の相談が出来る「キャリア支援課」という部署を設置しています。

キャリア支援のポイント

就職や進学等の悩みは「キャリア支援課」で相談する。様々な悩みや葛藤が生じた時、学年を問わず学生は利用しています。キャリアに「正解」はありません。一人で悩まずに、情報収集を行い、自らが考え、気づき、決めていくのがキャリアのプロセスです。さらに3年生になると、キャリア支援課では、全員面談を実施し、学生一人ひとりの進路希望を聴いています。卒業後の進路について、小規模大学だからこそ出来る、個別の支援を行っています。また、湘南校舎伝統の「キャリアサポーター制度」は、就職が内定をしている4年生と、企業で活躍するOBOGが、後輩たちの就職活動を強力にバックアップする制度です。先輩が後輩を、教職員が学生を力強く支援する仕組みがあります。仕事選び、企業探し、履歴書、面接について、時には内定をもらえない辛さまで、親身に対応しています。

湘南キャンパスのキャリア支援の詳しい情報は、文教大学キャリア支援課ホームページをご覧ください。